2019年 11月 20日 (水)

田中将大の故障でダルビッシュ「原因はスプリットでなく中4日のローテーション」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「120球、140球投げても中6日あればじん帯の炎症とれる」

   ダルビッシュも同じ意見で、「むしろチェンジアップの方が負担がかかる」と話すが、故障に関しては「登板間隔の方が大事だ」という。日本では中6日の先発だが、MLBでは先発5人による中4日が普通だ。代わりに球数制限(100球)を設けているが、ひじや肩を傷める選手が続出している。じん帯を再生するトミー・ジョン手術を受けた投手は昨年だけで124人。2011年に手術した松坂大輔は、今年ようやくメジャーに復帰した。

   ダルビッシュは「絶対に短かすぎる。120球、140球投げても中6日あればじん帯の炎症もとれる。最低でも中5日」と主張した。松坂は「無理せずしっかり休んで、ぼくのようにあとを引きずらないように」とアドバイスしていた。

   TBSのメジャーリーグ担当笹田幸嗣は「球団に大切に育てられた投手がみんなトミー・ジョン手術を受けています。球数制限だけではダメという空気がMLB全体に広がっていますね。いまなら聞いてもらえると、ダルビッシュのあの発言になった」という。アメリカのメディアも「6人ローテーションが正解?」と書くようになった。

   田中は今シーズンの復帰を目指し、復帰に1年かかる手術ではなく、PRP治療(血小板による自力再生)を行うという。最短で6週間だという が…。

   キャスターの齋藤孝「ダルビッシュの発言は影響を与えると思いますね。先発投手を増やして、6人、7人にしておけばいいだけのこと。日本はそうなっています。だから手術もない」

   石井大裕アナ「ダルビッシュの発言がどう受け止められるか注目です」

   スポーツ選手を壊しちゃいけないよね。合理的なMLBともあろうものが。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中