神奈川県議「脱法ドラッグ」逮捕!知人女性110番「友だちが薬やってる」

印刷

   神奈川県議が脱法ドラッグで捕まった。横山幸一元県議(41)は先月26日(2014年6月)、横浜市内に借りているウイークリーマンションの部屋で、脱法ドラッグを所持していたとして薬事法違反容疑で16日(2014年7月)に逮捕された。

   黒宮千香子リポーター「知人の女性から、友達が薬物をやっていると110番通報があったようです。警察が内偵を進め、部屋を調べたところ脱法ドラッグが入った袋が複数見つかり、鑑定した結果、指定薬物の成分が検出されました」

   横山は脱法ハーブ対策の推進強化を求める意見書案を提出したり、防災警察常任委員会委員を務めていたというから呆れる。

祖父も県議の有力一族

   横山は2007年に県議として初当選し、これまでに2期を務めてきた。祖父も県議を8期務め、地元じゃ有力者の一族だ。先月30日に議員辞職願を県会議長に提出し、受理されている。

   松尾貴史(タレント)「指定されてないものと認識していたなら、議員を辞めたのはなぜか」

   宮田佳代子は(城西国際大学客員教授)「脱法ハーブの意見書を出すための勉強会などもあり、そこで脱法ハーブを覚えたのでは」と推測した。

文   ナオジン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中