情報大量流出で原田社長「ベネッセは加害者です」顧客に総額200億円の補償

印刷

   通信教育大手「ベネッセHD」の顧客情報流出で、警視庁はきのう17日(2014年7月)、顧客データベース(DB)の管理に外部会社から派遣されていたシステ ムエンジニア(SE)の松崎正臣(39)を不正競争防止法違反(営業秘密の複製)容疑で逮捕した。

   松崎容疑者は昨年夏頃から、DBの保守・管理のために与えられていたIDを使ってアクセスして顧客情報約1020万件をダウンロードし、これを15回にわたって名簿業者に売って250万円を得ていた。金はパチンコなどでできた借金数十万円の返済と生活費にあてたという。

苦情5万件、退会申し入れ3000件

   重複分をあわせると持ち出したデータは1億件にもなるという。主として93年1月から13年12月に産まれた子どもたちと保護者のデータで、すでに名簿業者10社に流れていた。名簿業者のHPには、基本データ(氏名、住所、生年月日、性別)で小学6年生だと1人15円、18歳の女性だと25円となっていた。

問題は2つ

   それにしても、SEならばIDをたどればだれの犯行はわかることは百も承知のはずだ。今回のケースだと、実刑を食らう可能性も十分あると専門家はいう。いったいどういう神経なのかと頭を疑いたくなる。

   ベネッセHDの原田泳幸社長は情報流出した顧客に総額200億円の補償をすると発表した。当初は金銭補償はしないとしていたが、事件発覚してから苦情が5万件、退会申し入れが3000件という事態に方針を変えた。顧客にはお詫びの品を送り、受講費の減額を検討するという。

   原田社長は会見で「ベネッセは被害者なのか加害者なのか」と嫌らしい質問され、「お客さまに迷惑をおかけしたのだから加害者です」と答えたが、無理やり言わせたようなもの。「被害者です」といえるわけがないではないか。嫌らしいとはそういう意味だ。

犯人逮捕でも拡散し続ける顧客情報

   キャスターの齋藤孝は「問題は2つあります。データは回収不能だということ。もうひとつは、どこから何が送られて来るかわからない不安の被害です」という。

   まったく嫌な時代になったものだ。つい20年前までは、個人情報なんて神経を使う必要はなかった。それが「金になる」とわかったとたんにおかしく なった。バカもふえているらしい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中