2018年 7月 23日 (月)

マレーシア航空機ミサイル撃墜!航跡から発射地点解析ーウクライナ戦闘地域

印刷

   内戦状態のウクライナでマレーシア航空機が地対空ミサイルに撃墜され、乗客・乗員295人全員が死亡した。司会の小倉智昭は「これは大きな国際問題になりますね」と伝える。

   撃墜されたMH17便はオランダ・アムステルダムを出発し、マレーシア・クアラルンプールに向かっていた。17日(2014年7月)午後11時15分過ぎ(日本時間)、ウクライナ東部ドネツク州でレーダーから姿を消したあとロシア国境近くの町に墜落、炎上した。機体は約15キロの範囲に散乱した。

ウクライナ政府軍と新ロシア武装勢力の戦闘地域

   現場はウクライナ軍と親ロシア派武装勢力による激しい戦闘が行われている地域で、アメリカ情報当局は「マレーシア機が地対空ミサイルで撃墜されたことを確認した」と発表した。CNNニュースによると、ウクライナ軍もロシア軍地対空ミサイルを所有しているという。

国際問題に発展

   では、どっちがミサイルを発射したのか。ウクライナ保安当局は「親ロシア派が関与した」と主張し、親ロシア派は「ウクライナ軍が撃墜した」と非難しあっている。アメリカはミサイルの軌道からどこで発射されたか調べている。

   マレーシア航空によると、乗客280人のうち最も多いのはオランダ人の154人、次いでマレーシア人28人、オーストラリア人27人となっている。

   ただ、空爆まで行われ激しい戦闘地域の上空をなぜ民間旅客機が飛行していたのか。まだ不可解な点が多い。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中