2018年 9月 25日 (火)

スマホで簡単に盗めた!ノーズロだったベネッセ顧客情報―最初は充電のため

印刷

   通信教育大手「ベネッセHD」から顧客の個人情報約1000万件が流出したと事件で、きのう17日(2014年7月)、システムエンジニアの松崎正臣容疑者(39)が不正競争防止法違反(営業秘密の複製)で逮捕された。

   松崎はベネッセのデータベース保守・管理を請け負うグループ会社に、外部業者から派遣され、顧客情報にアクセスする権限を持っていた。昨年7月、社内のパソコンに個人所有のスマートホンを充電のために接続したところ、たまたま個人情報データを取り込めることに気付き、「カネ欲しさ」でスマホ内のSDカードにデータをコピーしたと話している。

私物持ち込みOKの甘さ

   菊地幸夫弁護士「メカニズム、ハード面で阻止するにも、私物のスマホが持ち込み可能というのは非常に管理が甘いと思いますね」

差込口ないパソコン

   キャスターのテリー伊藤)「(USBの)差し込み口のないパソコンを作ってるところいくらでもありますよ。そういうことやってる会社はあるし、やってほしい」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中