中高年男性「美容整形」人気!オヤジもやっぱり見てくれだよ…再就職や営業に有利と急増

印刷

   週刊誌は時代を映す鏡である。30年、50年後に、あの時代はどんな時代だったのかを振り返るとき、新聞やテレビよりも庶民生活、特に風俗(性風俗だけではない)について調べるときは週刊誌が優っていると思う。

   そんな風俗を扱った記事から紹介しよう。『週刊新潮』の「後期高齢者の常識になった『お爺さん』の美容整形」は、ちょっとしたカルチャーショックだった。こうした流行は10年ほど前からだというが、たるんだ目元やシミ、シワを取って若返りたい50代、60代、いや70代までが美容整形病院の門を叩いているというのだ。

   薄毛やEDならわかるが、見た目をキレイにしたい高齢者が多くなっていて、高須クリニックではグループ全体の患者約5万人のうち約3000人がその手の人だという。それはデフレの影響でリストラや再就職という切実な理由からで、見た目を気にする管理職や営業マンが多くなったからだと業界大手の院長は解説しているが、私にはあまり納得がいかない。

   だが、私も毎朝、鏡を見るたびに目の下のたるみが気になり、何とかしたいと思う気持ちはある。ではどれぐらいかかるのか。目の下のたるみには、眼下にある脂肪を移動させる手術やヒアルロン酸注入などがあるが、ヒアルロン酸注入が10万円、シミの除去が1か所2万~3万円。眼下にある脂肪を移動・除去する手術が30万~40万円。本格的なフェイスリフトで80万~100万円だそうだ。

   それだけではない。高齢者のくせに包茎手術するのが多く、<「下手をすると、『今日はお爺ちゃんしか来院しなかった』なんて日もあるくらい」(本田ヒルズタワークリニックの本田昌毅医師)>だというのだ。50歳を過ぎるとペニスは萎縮してくるが、皮の長さは変わらないので、若いときはそうでなくても包茎になってしまう「老人性包茎」というそうだ。

   死ぬまでSEX時代。若い彼女ができても包茎では恥ずかしいというのか。いやはやと思うが、そういえば自分のアソコを見たことがとんとなかったなと不安になった。誰に見せるというわけではないから、まぁいいか。

健康サプリ「本当に効く飲み方」コエンザイムQ10は毎日より3日に1回

   『週刊文春』は「健康サプリは本当に効くのか?」の第2弾をやっている。コエンザイムQ10は疲労回復や風邪の予防、アンチエイジングに効果があるというらしいが、<「毎日飲むより3日に1度、100ミリグラムを摂るのがおすすめ」(吉備国際大学の金沢和樹教授)>だという。これは効果ありということなのだろう。

   膝の痛みなどにいいとされるグルコサミン、コンドロイチンはどうか。これは<「経口で摂取しても効果はありません」(金沢教授)>とにべもない。中性脂肪から認知症にもいいというDHA・EPAはどうか。中性脂肪には効果があるようだが<「一日あたり、DHAとEPAを合わせて二百~五百ミリグラム程度」(島根大学医学部の橋本道男准教授)>とったほうがいいらしい。さらにあまり安いものは避けたほうがいいようだ。ちなみに、ニッスイのは1か月分860ミリグラムで9000円。高いな~。

   目にいいとされるアントシアニンは必要な分だけしか摂取されないため、たくさん飲んだからといって効果が出るわけではないらしい。ビタミン剤の古参、ビタミンCだが、これは国内大手メーカーのものを選択するべきだという。さっき100円ショップで買ってきたが、これでは効果がないらしい。

田中将大「重大故障」元を取ろうと監督が酷使!中4日はメジャーリーグ残酷物語

   お次は野球の話題を2本。休養中の楽天・星野仙一監督(67)だが、入院中に「入籍をせがんだ女性がいた」と週刊新潮が報じている。星野氏は17年前に奥さんを白血病で亡くしていて独身。球界を代表するモテ男だから、これまでも多くの浮き名を流してきた。

   都内に入院しているとき、付き添っていた50前後の女性がいたが、その女性が意を決して涙ながらに入籍をせがんだというのだ。だが、星野氏は「妻のこと考えると、籍を入れるわけにはいかない」と断ったそうである。

   娘たちが強く反対したということもあったらしいが、彼女は入籍を諦めざるを得なかったようだ。どんな関係かはわからないが、60男に50女。日吉ミミの唄のように「恋人にふられたの よくある話じゃないか」(男と女のお話)というわけにはいかないのだろう。

   あれだけ順調だった田中将大が右肘靱帯の部分断裂で戦線離脱してしまった。最悪の場合、手術することもありうるようだから深刻な事態である。週刊新潮は、田中の故障は4球に1球も投げていた決め球のスプリット・フィンガード・ファシトボール(SFF)によるものだと書いている。

   同じチームの黒田博樹投手が約23%だから、多いことは間違いない。このボールは80年代に大流行し、マイク・スコット投手がこのボールで大活躍してサイ・ヤング賞を受賞したが、故障して短命に終わったため、メジャーではあまり投げさせない傾向にあり、禁止しているところもあるという。

   だが、ヤンキースのジラルディ監督は「メジャーでこの球を投げられる投手は少ないから決め球になる」と何度も田中にアドバイスをしたというのだ。しかも衝撃的なのは、ライバル球団のレイズのマドン監督が田中との試合後、こういっていたと現地記者が話している。

<「SFFを投げすぎる投手が、この先どうなるかよく見ていたほうがいい」>

   たしかに、ヤンキースの先発投手陣の5人のうち4人が故障者リスト入りしているのだから異常事態であろう。勝つことを義務づけられたチームの監督は、目先の勝利にこだわり選手を酷使してしまうのだろう。

   ダルビッシュが田中はSFFの投げすぎではない、問題は中4日のローテーションが短すぎるのだと発言した。大金を払ったのだから酷使しても当たり前だというのでは、これからも故障する日本人選手が増えるであろう。メジャーリーグ残酷物語だ。

どこか幸せ薄い中山美穂…ぞっこんの年下・国際的音楽家とうまくいくのかな

   女優・中山美穂(44)が作家でミュージシャンの辻仁成と離婚したが、子どもの親権は辻がとり、美穂は年下の男に入れあげていると週刊文春が報じている。美穂がぞっこんなのは渋谷慶一郎氏(41)で音楽家。バツイチだそうだ。初音ミクのオペラをパリで成功させたり、電子芸術の国際コンペで栄誉賞を受賞するなど、いま注目されている人だという。

   昔から美穂は惚れると周りが見えなくなるタイプだ。だが、渋谷の母親は二人の付き合いを快く思っていないように見える。それはこんな発言に伺うことができる。

<「私は『フランス式にパートナーとして一緒に暮らせばいいんじゃない』と言ったんですよ。(中略)『あなたはさっぱりしている性格だから、歳を取って、若い子を好きになった時に別れるのが簡単だから、その方がいいわよ』と伝えました(笑)」>

   母親の名しかなかった母子手帳。幸少ない子ども時代を送り、ようやくつかんだ幸せも美穂の手からこぼれ落ちてしまった。そしていまの恋も風前の灯火のようだ。なんか美穂を抱きしめてやりたくなってきたな。向こうは嫌がるだろうけど。

腹腔鏡下肝切除術の世界的権威がバラされた覚醒剤疑惑と淫らな行為

   やはり週刊文春に腹腔鏡下肝切除術の世界的権威の若林剛岩手医科大学教授にとんでもない「薬物SEX」の疑惑があると報じている。証言するのは盛岡市内のスナックに勤める外国人女性(25)である。

<「付き合い始めて二ヶ月ほど経った頃でした。『僕はたまにクスリやるんだけど、あなたもやってみたい?』と聞かれたのです。私はびっくりですが、興味本位で『そうね、考えてみるわ』と答えてしまったのです。これがすべての始まりでした。私は『覚醒剤』と称するものを打たれてしまったのです。別れてから一年以上が経ちましたが、彼のように世界中から尊敬される医師が、『覚醒剤』を使用し、女性にあのような淫らな行為を繰り返していたことが許せなくなり、お話しすることにしました」>

   週刊文春は事実関係を確認するために若林教授にインタビューした。若林氏は覚醒剤については否定したが、彼女と付き合っていたことは認め、こう憤る。

<「こういう話が週刊誌に出たら、僕の人生は崩壊するよね、崩壊する。記事を止める方法はないの? だって釣り合わないよね……彼女の憤りと……僕が背負っているものがね」>

   こんな考えだから、SEXした相手に告白されてしまうということをこの人は気付かないのだろう。

がんばれ輪島!輪湖時代の英雄―咽頭癌手術で声失った

   元横綱・輪島大士(66)が首にタオルを巻いてサンダル履きでゴミを出している写真が週刊新潮のモノクログラビアに載っている。人気者の遠藤が尊敬している輪島だが、2013年秋に下咽頭癌にかかり手術し、ノドを切除してしまったそうだ。そのため声を失ってしまったと輪島夫人が話している。

   輪島はわれわれの世代の英雄であった。初土俵からわずか3年数か月で横綱になり、史上初の学士・横綱となった。横綱・北の湖と輪湖(りんこ)時代を築いた。引退後は大相撲を離れ全日本プロレスに入ったが、レスラーとしては成功しなかった。だが、あの頃の横綱・輪島の強さはわれわれが覚えている。輪島頑張れ!

   最後におまけ。『アサヒ芸能』の袋とじがタイトルだけはすごい!「史上初!パイパン実物大!!」もう一つが「No.1ロリ美女つぼみのアソコの匂いつき袋とじ」

   匂いつきは、私がだいぶ前からポスト「ヘア・ヌード」の本命として、多くの編集長たちに言ってきた企画である。いまの印刷技術ならかなりいい匂いが出せるはず。例えば吉永小百合や綾瀬はるかが使っている香水の匂いなど、嗅ぎたい男はたくさんいるはずだ。

   今回のは「アソコ」の匂いだが、正直あまり感心しない。こんないい匂いなの? まぁ、あまり本物らしいと辟易するかもしれないが。パイパンのほうは見てのお楽しみ。わいせつ感がないのが残念だがね。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中