女児監禁の藤原武「調教して好みの女性にして18歳になったら結婚したかった」

印刷

   岡山県倉敷市の11歳女児の監禁事件で19日(2014年7月)に逮捕された藤原武容疑者(49)は、警察の調べに対して「調教して自分好みの女性にして、18歳になったら結婚したかった」と供述しているという。

   昨年11月ごろ、母親が介護施設に入居し一人暮らしになった藤原は、約1000万円をかけて自宅をリフォームし、外から施錠できる防音の窓のない部屋を作った。その後、今年4月頃から被害女児の自宅近辺で、藤原と思しき男が不審な行動を取っているところをたびたび目撃されていた。

防音部屋には少女アニメのポスターや監禁ビデオ

   阿部祐二レポーター「やはり、長期的にこの11歳の女の子を付け狙っていたんじゃないでしょうか」

現実と区別つかず

   キャスターのテリー伊藤「監禁部屋(防音部屋)に、少女アニメのポスター貼ってあったっていう話もあんですよ。少女監禁ビデオみたいのもあるから、それを見ていてどんどん妄想ふくらんでって、現実とビデオの世界とが自分でわからなくなってきた。そういうことも藤原容疑者には当然あるんでしょうね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中