韓国セウォル号オーナー変死体!自殺か他殺か?遺体わきにマッコリと焼酎の空き瓶

印刷

   今年(2014年)4月、死者・行方不明300人以上を出した韓国・ウォル号の実質オーナーのユ・ビョンオン元会長らしい遺体が発見され、指紋が一致した。山中にあった変死体のDNAを鑑定したところ、ユ元会長の兄のDNAにほぼ一致したと韓国メディアがけさ22日(2014年7月)未明から大騒ぎしている。捜査当局がソウルに運んで鑑識をやり直していて、自殺か他殺かなどはまだわかっていない。

腐敗ひどく身元不明のまま葬儀場で1か月保管

   ユ元会長は事故直後から行方をくらまし、国を挙げての大捜索が展開されていた。捜査当局は5月21日、潜伏の可能性がある教団施設を8時間にわたり捜索したが発見できず、背任容疑などで指名手配した。

身柄確保できなかった

   問題の変死体は6月、韓国南西部の順天市山中の梅畑で畑の所有者が見つけた。仰向けで、冬物ジャンパーに帽子で顔を覆っていた。そばにマッコリと焼酎の空き瓶があった。「顔がわからないぐらいの腐敗状態」で、約1か月間、順天市の葬儀場に保管されていた。

   中央日報など韓国メディアは「DNAが元会長とほぼ一致」と報じている。地元の警察署長は「1回のDNA分析では不十分で、ソウルで精密な鑑定をする」としているが、別の警察関係者は「ほぼ一致」と認めた(いずれも中央日報から)。きょう午前9時の当局発表では、発見当初は採取できなかった指紋を冷凍処理したところ、右手の1本が元会長の指紋と一致したという。

韓国では朝からテレビ特番

   司会の羽鳥慎一「なんとしても生きた身柄を確保しなければいかなかったのに」

   岩上安身(ジャーナリスト)「どんな理由で亡くなったかを突き止めなければいけません。病死か自殺か。元会長を邪魔に思う人が亡きものにしたのか、検証が必要です」

   韓国にいる井口成人リポーターは「こちらのテレビは各局とも早朝からニュースを流しています。国民は釘付けになるのではないですか」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中