2018年 9月 20日 (木)

「タレント2世ハローワーク」でもあるのか芸能界!あっちもこっちも××の息子、○○の娘ばっかり…親の有名度でランク付け?
<THEカラオケ★バトル>(テレビ東京系)

印刷

   タレントらが採点システムつきのカラオケで歌い、その点数で順位を決めるカラオケ番組で、特番で何度か放送した後、今年3月からレギュラー化した。もともとは本家と歌自慢が対決するものだったが、近頃、変化をつけ、「全国№1選手権」「歌うま外国人」「歌うまキッズ」などいろんなパターンが見られるようになり、この日は「有名歌手のDNA」として、有名歌手の子どもたちが競うものだった。番組宣伝にも「あの有名歌手の2世たちが大集合! 今回は、親の名前をかけたカラオケ★バトル!」とある。
   出場メンバーは、ゴダイゴのタケカワユキヒデの娘、前川清の息子、キャンディーズの藤村美樹ことミキの娘、坂本九の娘、イルカの息子、北島三郎の娘らだった。みなミュージシャンや女優として活動しているというだけあって、さすがに歌はうまい。
   それにしても、芸能界は2世ばやりというのは重々承知だが、「アナと雪の女王」の吹き替えで話題の松田聖子の娘・神田沙也加や、さんま・しのぶの娘IMALUのようになにかと注目される2世だけでなく、いろんな2世タレントが大量発生していることに驚いた。
   ゲスト席の中川翔子も、中川勝彦という立派な歌手のDNAをもつ2世なのに、歌う方ではなくそれを見守るゲスト側にちゃっかり座っていた。どうやら2世タレントにもランクがあるようで。(放送2014年7月16日18時57分~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中