2020年 6月 5日 (金)

上海「腐敗肉食品会社」ハンバーグ、ステーキも製造―日本に入って来てないか?

印刷

   中国・上海の食品会社「上海福喜食品」は、使用期限(日本の消費期限)を大幅に超えた肉を使用してチキンナゲットなどを製造していたことが地元テレビの潜入取材で明らかになった。日本マクドナルドやファミリーマートはこの会社から加工食品を納入して販売していたが、ただちに販売を中止した。

   司会の小倉智昭「チキンナゲットを見ると買いたくなるんですが、テレビ映像の肉は青くなっていた。においとか結構あると思うんですがねえ」

真っ青に変色した肉を再包装して「消費期限1年」のラベル張替え

   中国中央テレビは記者が6月11日(2014年)に潜入取材して撮影した工場内の映像を流し、「マクドナルドやケンタッキーの卸売業者である上海福喜食品が期限切れの食肉を加工し使用していることがわかりました」と報じた。映像には生産日が5月30日で保存期間は6日間という肉も写っていて、こんなやり取りがきろくされている。

成長の陰で・・・

潜入記者「大丈夫なのか」
従業員「問題ない」
潜入記者「これ使える肉ではない。肉が青くなっている」
従業員「腐っているんだよ」

   青くなっているのは7か月も期限が切れた牛肉だが、従業員はこれを細かく切って包装し直し、消費期限を「1年強」と書き換えた。床に落ちた肉の塊やナゲットを加工容器に戻す様子も映し出されていた。

   元従業員は「2重の帳簿をつくっていた。1つは現場で作り、もう1つはデータを改ざんして監督官に見せていた」という。中国のニュースサイトは従業員の話として、「使用期限切れの原料の使用は上層部の指示だった」と伝えている。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中