TOKYO MXパクッたなテレ東!暴走族上がりのスナックママさんに同じ話、同じ歌…「企画で勝負」の看板が泣くぞ
<ニッポン元気計画!眠れるスター目覚ましバラエティ『ハックツベリー』>(テレビ東京系)

印刷

   ハックツ=発掘。芸人やアイドル、タレントなどスターの原石を発掘しようというのだ。テレ東にはその昔、モー娘。や鈴木亜美、CHEMISTRYなどのアーティストを輩出した「ASAYAN」という番組があったが、あれと同じだ。
   「日本からブロードウェイの道を切り開く」として米国演劇界最高峰のニューヨーク・ブロードウェイを目指すダンサーオーディションもあったが、メインは発掘スタッフと称する芸人たち(フットボールアワーの岩尾や次長課長の河本など)が、さまざまな分野の眠れるスターを見つけてきて、プロデューサー役のフットボールアワー後藤にプレゼンし、後藤が取材を継続するかどうかをジャッジするというバラエティ色の強い番組になっている。
   河本がスター候補として紹介したのはスナックのママさんである。暴走族の元レディース総長で、ピーク時は3000人を率いていたという。当時の仲間に大物俳優Uがいると写真を見せ、武勇伝を披露していた。
   その後、ママさんが得意の「翼の折れたエンジェル」を酒焼けした声で熱唱していたが、この流れ、どこかで見たと思ったら、「5時に夢中!」の「おママ対抗歌合戦」そっくりではないか。しかもこのママさん、「おママ対抗歌合戦」にも出ていて同じ話をしていたぞ。企画力で勝負のテレ東なのに、TOKYO MXの企画を真似するとは何事か!(放送2014年7月19日23時55分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中