「孤独のグルメ」ありがちな『食べ歩き番組』になる心配…松重豊の地元ご紹介の「博多出張SP」

印刷

   深夜の食べドラマとして人気のテレビ東京系「孤独のグルメ」(水曜深夜11時58分)が、特別企画「真夏の博多・出張スペシャル」を8月9日(2014年)の午後4時から放送する。主人公の個人輸入商・井之頭五郎が商用で博多に出張し、通りがかりに見つけた店にふらりと入るという内容で、ゲストに小松政夫、りりィ、中村ゆうじが出演する。博多は主役の松重豊が育った街で、3人のゲストも福岡県にゆかりがあるのだという。

   しかし、これではタレントや歌手の地元案内とどこが違うのか。「孤独のグルメ」は、若いタレントたちが「美味し~い」「甘~い」「やわらか~い」と貧困な感想で騒ぐグルメ番組とは違い、松重が「う~む」とひとりごつするところが魅力だ。スペシャル番組を作り地元ご案内となると、そのスタイルが崩れないか。さすがに、井之頭が寄る店やゲストの登場の仕方にひと工夫あるのだろうけれど、深夜の「孤グル」ファンとしてはちょっと心配になる。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中