中国食品頼みの日本の食!防げるのか?毒入り、腐敗、期間インチキ…

印刷

   上海福喜食品公司の製品に期限切れの食材が使われていた問題で、上海食品管理局は会社の組織的行為とみて5人を拘束して調べている。しかし、どんな輸入検査態勢を敷いても、期限切れを見分けることは不可能だろう。日本の食の中国依存はどうなるのか。答えはないに等しい。

2回視察しても見抜けなかったファミリーマート

   ことを明るみに出したのは、2か月にわたって潜入取材をしたテレビ記者だった。映像は衝撃的だ。床に落ちた肉を素手ですくって工程に戻す。 床に散らばったチキンナゲットを再度ラインに放り込む。ラインの作業は素手だ。使用期限を書き換える。それを他の企業に出荷する。冷凍食品の詰め替えは常温で行われていた。

   証言もあった。「この肉は腐ってる」「(日本企業の)検査が来たときは気をつけないと」「製造記録は改ざんされている」「期限切れを食べても死なないよ」「見つかったら終わりだ」

   上海福喜食品からこの1年に日本に輸入された製品は6000トン。日本マクドナルドとファミリーマートの2社だけだが、ファミマは今月(2014年7月)から売り出したばかりだった。ファミマは商社と合わせて2回工程を視察していたが、わからなかったという。

   法政大の水島宏明教授は「日本企業がちゃんとチェックしないと」という。

   井上貴博アナ「そのチェックはむずかしいでしょう」

   悪意で行われていたら見抜けない。ファミマがまさにそれだ。まして商品になる前の原材料の使用期限切れとなったら、見分ける方法すらない。

貧しい出稼ぎ従業員たち「どうせ食べるのは金持ち連中さ」

   中国の食品への依存はますます高くなっている。スタジオに輸入で中国産がトップの食品が並んだ。シイタケ、タケノコ、ごぼう、アサリ、たらこ、生姜…もう中国なしではやっていけない。

   08年の冷凍ギョーザへの農薬メタミドホス混入事件を機に、中国は食品安全法を作って厳しい罰則ももうけているが、違反の摘発は10年に7万6900件、13年に11万7000件ととてつもない件数だ。しかも増えている。なぜなのか。北京に長く住んでいるジャーナリストの福島香織氏は「経済格差だ」という。

「食べる人たちと作る人たちの意識の格差が大きいんです。作る人たちはほとんど出稼ぎで、農村の感覚で『この程度なら』というのがあるし、『食べるのは金持ちだ』という気持ちもあります。貧しさへの不満を工場にぶつける人たちもいる。モラルも低くなる。一方で食べる人たちは国際感覚という格差です」

   さらに「癒着」があるという。「頼みは役所のチェック体制だが、地元の役人というのはお金でいうことを聞いちゃう。また、お金を払わないと何も動かない。それなら悪いものを作って、浮いたお金を賄賂にとなります」

   山本匠晃アナ「権限が裏目にでているということもありますか」

   福島「権力が強いと利権も大きくなる面はあるかもしれません」

   山本「どうしたらいいんでしょうかね」

   福島「現地に任せきりにしない方がいいでしょうね。この会社はアメリカ資本だがオペレーションは中国で、チェックできてなかった。ただ、どれだけコミットできるかは難しい問題です」

   貧富の差がなくならないかぎりという見方はたしかにある。が、差がなくなるなんてありえまい。ということは、食品問題もなくならないということか。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中