クソ暑いときにもうウンザリ!天童荒太の露悪趣味テンコ盛り―小説良くても映像化は失敗か
<家族狩り 第3回>(TBS系)

印刷

   天童荒太の性悪説(!?)小説をテレビドラマにしたらこうなるか、とからかいたくなる陰惨なドラマ。一家心中と見せかけて家族が皆殺しにされた3件の殺人事件を、心中ではないと疑う捜査官の話と、父親が認知症でストレスをパチンコで紛らせる母親を持つ児童心理司が、虐待されている子供のために奔走する話と、仕事に情熱を持てない美術教師が、同僚を妊娠させて親からも結婚を迫られる話と、ヘビィなドラマが同時進行するシンドイ内容である。
   毎回、これでもかこれでもかと暗い場面の連続で、このクソ暑いのに、何でこんなドラマを見なくちゃなんないのかと毒づきたくなる展開ばかりである。児童心理司の氷崎游子(松雪泰子)は酒乱の父親から守ってやっている少女に唾をかけられる報われない毎日の上に、母親(浅田美代子)が老人ホーム詐欺に引っかかり無一文になる。刑事の馬見原(遠藤憲一)はおかしくなって入院していた妻が退院して、また一悶着。教師の巣藤浚介(伊藤淳史)は街でワルに焼き殺されそうになる。多分、この3者がやがてリンクする。
   原作は売れるかもしれないが、現実に起きるおかしな事件のエッセンスを取り込んで、露悪趣味のおどろおどろしい場面で作るサスペンスドラマが、果たして価値があるかどうか筆者は疑問視している。行間を読む小説では成り立ち得ても、どぎつい場面を映像で繋ぐテレビドラマに、この物語が向いているかどうか大いに疑問だ。(放送2014年7月18日22時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中