出会い系喫茶店「放火女性」捕えてみたら…男だった!ロン毛とスカートで女装

印刷

   東京・上野で先月9日未明(2014年7月)、ビル2階の出会い系喫茶店で火災があった。その1時間前、現場付近の監視カメラにロングヘアにスカート姿の不振な女性がビル入り口のシャッターを開けて、中に入っていくのが映っていた。1時間後に女性がビルから出てきた直後、火の手が上がった。

   ところが、きのう24日に放火容疑で逮捕されたのは溝部貴之(27)で、れっきとした男だった。

金盗むつもりが金庫開かず腹いせ?

   溝部は女装メイド喫茶に勤めていて、女装はお手のもの。自宅からはかつらや女性の服が押収された。以前は放火した店に勤めていて、金に困って盗みに入ったが金庫が開かず、腹いせと証拠隠滅のために火を付けたと警察は見ている。

短絡的

   司会の加藤浩次「それにしても、短絡的な犯行ですよね。菊池さん」

   菊池幸夫(弁護士)「本当にそうですね。女装すればバレないと思ったんでしょうかね」

   警察は現場の様子から、内部に詳しい人物の犯行とみて溝部を割り出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中