2020年 6月 2日 (火)

徹子さん、元名物スポーツアナおじいちゃんにイジワル?「東京五輪で活躍期待」

印刷

巨大スポーツイベントはメディア関係者も体力勝負

   サッカーW杯関連仕事でブラジルに行っていて1か月ぶりに帰国した友人は、いかに国際スポーツの現場が大変なのかグダグダ話していた。前回の南アフリカ大会、夏季・冬季のオリンピックにもいくつか現地へ飛んでいる彼の話を聞くと、たしかに過酷そうだ。世界中のメディアが集まり、24時間体制で1か月を過す。30代後半でも体力勝負でギリギリだそうだ。

   さぁ、こんな環境で後期高齢者を働かせてもいいものか。日本で開催するには時差や言葉、食事、宿泊に関して問題はないけれど、それでも放送に携わる責任感は心臓に大きな負荷を与えるだろう。長年業界にいるおかげで対応能力は身体に染みついているものの、次第に無理はきかなくなってくる。そしてこの暑さの中で動き回る恐ろしさ。さて、そもそも彼らをキャスティングしようと考える人がいるだろうか。おぉ徹子さん、冷や汗が出てきます。

   そんなことを考えているより、今年の夏はかなり手ごわそうだ。30代ですでに酷暑に負けそうになっている自分の体調管理から考えたほうが健全だ。

モジョっこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中