男と見れば手当り次第…サカリついた不倫主婦、気づかぬアホ亭主!エロシーンでつなぐ寝まくりドラマ
<昼顔~平日午後3時の恋人たち~第1回>(フジテレビ系)

印刷

   おいおい、左前のフジテレビが、とうとう苦し紛れにお昼のよろめきドラマ(古い!)を夜に持ってきたのかと突っ込みたくなる人妻の不倫ドラマである。可愛い妻だが子供が出来ないので姑(高畑淳子)にチクチクやられているパート主婦の笹本紗和(上戸彩)は、スーパーで口紅を万引きしたところを近くに越してきたセレブ主婦の滝川利佳子(吉瀬美智子)に目撃され、彼女の不倫現場のトラブルに友人として無理やり引き込まされてしまう。
   この利佳子は雑誌編集長の妻で、美人だが、やたらと男と寝まくる不倫妻。いくらドラマでもやり過ぎだろうという下半身がだらしのない女、紗和を友人でもないのに引き込んで危険な淵に連れ込みそうな第1回である。生徒のトラブルでかかわりの出来た高校教師の虫博士・北野(斎藤工)は、ハンサムなので利佳子は目を付けるし、紗和も何となく彼に惹かれる。さあて、お次は一線を越えるか。
   大人になった上戸彩と、臈たけた中年妻の吉瀬美智子の2人の女の、午後の情事を描いてゆくのだろうが、2人そろって夫たちが妻の異変にも気づかぬアホ亭主ときていて、脚本(井上由美子)がイマイチ。斎藤工だけがオイシイ爽やか青年教師に描かれている。ワンパターンすぎだ。住宅街の暇な主婦どもはサカリのついた猫もどきで、今の主婦はもう少し他にも関心事があるだろうにと文句を言いたい。ま、それでは物語が進まぬ。乞う、ご期待のエロシーンか。(放送2014年7月17日22時~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中