27時間テレビ終了!鈴木おさむ「『テレビというものは何か』SMAPから教わった気がします」

印刷

   放送作家の鈴木おさむ(42)が「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)の生放送終了を、7月27日(2014年)にブログで報告している。鈴木は3年連続で構成を担当したが、今回は「僕の中で今までと大きく違った」という。

   鈴木は司会のSMAP中居正広、木村拓哉と同じ1972年生まれ。木村と22歳で出会って、「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)にも立ち上げから参加している。SMAPが出ない番組でも「ずっと、SMAPのメンバーが見てるかもと思う気持ち」で仕事していると語る。

   SMAP以外との仕事では「ちょっとでも悔しがってくれないかな」と思っているが、その気持ちは「SMAPと大きな仕事をする度に打ち砕かれて。その繰り返し。だから今日もそう」だという。今年の番組テーマは「武器はテレビ」だった。「今回の27時間テレビを通して、テレビというものは何かをSMAPに教わった気がします。自分が構成してるくせにね」と振り返っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中