人を殺してみたかった―犯罪心理学者も戸惑う佐世保「同級生殺害」動機

印刷

   長崎・佐世保市で高校1年生の松尾愛和さん(15)が殺害された事件で、加害者の女子生徒(16)は、警察の調べに「人を殺してみたかった」と話しているという。

   松尾さんの死因は頸部圧迫による窒息死だった。頭を金属製の工具で殴ったあと、ひものようなもので首をしめていた。その後、数種類の刃物で首や左手首を切断したと見られる。刃物は遺体のあったベッドの上、工具は下にあった。

「死体の切断には普通2パターン。どちらにも当てはまらない」

   きのう28日(2014年7月)、松尾さんの通夜が行われ、両親は弁護士を通じて、「あまりにも突然のことで何も考えられない。愛和は大切に育ててきた宝物でした。いまはただ心静かに見送ってあげたい」とコメントを出した。

教育現場では…

   女子生徒は4月から事件のあったマンションで1人暮らしだった。昨年秋、母親が亡くなり、父親は5月に再婚していた。彼女を知る人は「普通の子だったが、お母さんが死んでからおかしくなったと聞いていた」という。1人暮らしは秋に留学するためのトレーニングと説明していたが、学校にはこの一学期、3日しか登校していなかった。

   動機については、犯罪心理学の専門家も見方はさまざま、というより読めないといったほうがいい。

「死体の切断には普通2つのパターンがある。証拠隠滅と性的快感。この場合はどちらでもない。理解がむずかしい」「母親が亡くなって心のバランスが崩れ、奥底にあった欲求がふきだしたのではないか」「被害にあった生徒は優しくて面倒見がいいということですが、その友だちが来ていた時だけ孤独感から解放された。帰ってほしくないというのが動機かもしれない」

   警察は近くのホームセンターで特定の型のカナヅチやノコギリの購入記録を調べていったという。おそらく自供の裏付けだろう。そんなものまで準備するというのをどう読むのか。

小学生時代には友人の給食に洗剤やベンジン

   佐世保市では10年前に小6の女児が同級生に刃物で切りつけ殺害する事件があった。以来、学校では命の大切さを教えることに力をいれてきた。

   女子生徒は小学6年生のとき、2人の児童の給食に5回にわたって粉末洗剤や漂白剤を投げ入れたり、スポイトでベンジンを入れたことがあったという。 「勉強していることを小ばかにされたから」と語っていた。両親は教育熱心だった。

   また、このころ小動物の解剖で問題になってもいた。

   井上貴博アナ「教育現場では悩ましい問題ですね」

   共同通信の久江雅彦・編集委員兼論説委員は「命が大切だと教えないといけないというのは、若干寂しい思いがするが、こうなったら愚直にもう1度命の大切さを教えるしかないでしょうね」という。

   そうかな。愛知県で2000年、見知らぬ民家に侵入して主婦を殺害した17歳の少年も「人を殺してみたかった」と話していた。教育のレベルの話ではないような気がする。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中