SM思わせる女性向けポルノ!「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」映画予告編

印刷

   映画「Fifty Shades Of Grey」のトレーラー(予告編)動画が、名の知れたシリーズ映画などのトレーラーに伍して再生数を伸ばしている。7月24日(2014年)の公開から約1週間で1000万回以上再生された。

   この映画の原作は全世界でシリーズ1億部のベストセラーで、日本語版も出版されている「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」。女子大生のアナスタシア・スティールが大金持ちで魅力的な会社社長であるクリスチャン・グレイと出会い、そのうち倒錯した恋愛に溺れていくといったオトナのラブストーリーだ。

   サム・テイラー=ジョンソン監督のもと、ジェイミー・ドーナンがグレイを、ダコタ・ジョンソンをアナを演じる。映画の公開は来年で、日本でも公開予定だという。

ビヨンセ「クレイジー・イン・ラブ」新盤フィーチャー

   トレーラー動画はベストセラーの映画化であることに加えて、SMを思わせるような過激な映像が含まれていることや、歌手ビヨンセの大ヒット曲「クレイジー・イン・ラブ」のニューレコーディング版(の一部)がフィーチャーされていることでも大いに注目を集めている。

   動画のコメント欄では「女性向けポルノ映画」「なんであんなくだらん本を映画にするんだ」などといった批判も一定の支持を得ていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中