箱根駅伝山の神・柏原竜二「これからは単なる凡人になるのでありがたや」

印刷

   箱根駅伝で「山の神」の異名をとった陸上競技選手の柏原竜二(25)が7月29日(2014年)、自身のツイートがニュースになったとツイッターで報告している。

   関東学生陸上競技連盟は28日、15年に行われる予定の第91回箱根駅伝からコースの「一部変更」をすると発表した。それにともなって、今年の大会以前の5区(往路)と6区(復路)の区間記録および往路・復路・総合記録を「参考記録」扱いとし、第91回以降の記録を「新規記録」にすると決めた。

   東洋大時代の09年から4年連続で箱根駅伝山登り区間5区の区間賞を獲得、「山の神」と言われた柏原は「これからは単なる凡人になるのでありがたや」とコメントした。

   このコメントがニュースになると「Twitterでは迂闊に呟けませんな、ニュースにされてびっくりやで(笑)」と驚いて見せた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中