東海大相模の吉田凌「20K」!あと1人で神奈川大会新記録…9回2アウトでなぜ交代?

印刷

   「けさのスポーツ紙で、大きく取り上げられてる投手がいます」と森圭介アナが取り上げた。きのう30日(2014年7月)に行なわれた高校野球神奈川大会の決勝で、東海大相模高校2年の吉田凌投手が「20K」、つまりは20奪三振の好投を見せたというので、新聞各紙に吉田の写真とともに、「20K」の文字が躍った。20Kは神奈川大会のタイ記録で、試合は東海大相模が勝ち、甲子園行きを決めた。

優勝候補
優勝候補

   吉田は9回2アウトまで投げたところで、当初の予定どおり、3年生投手と交代した。

   森「最後の一人まで投げていたら、もしかすると新記録が出たかもしれない」

   キャスターのテリー伊藤「東海大がすごいのは彼だけじゃないんですね。すごいのがほかにも3人ぐらいいる。(甲子園の)優勝候補かもわかんないですね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中