2019年 9月 22日 (日)

水難事故防げ!おぼれたら「ウイテマテ」無理に泳がず仰向け大の字でプカプカ

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   海水浴シーズンだが、海で流されたときにはどうしたらいいのか。無理に泳がずに浮いて救助を待つ「ウイテマテ(浮いて待て)」がいいらしい。あわてず、大の字にのびて体力を温存する。生存率アップが見込まれ、これに合わせた子ども用アイテムもいろいろ出ている。

   司会の羽鳥慎一「家族で話し合って確認しておく必要がありますね」

   先日は、伊豆の海で20時間40キロ流され助かった人がいたが、これも「ウイテマテ」だった。

10%も上がった生存率

   海水浴客でにぎわう神奈川・三浦海岸で、「もしおぼれたらどうするか」「、子どもが流されたらどうするか」を聞いてみると、女性は「あせっちゃいますね」、男性は「やっぱり助けに行くなあ」

tv212073_pho01.jpg

   水難事故対策のキーワードは「ウイテマテ」だ。水難学会会長の斎藤秀俊さんによれば、仰向けになり顎を上げると重心が移動し、足が浮きやすい。両手を大の字に広げると体はさらに浮き上がる。万歳の姿勢がベストだ。サンダルや衣服を身に付けていると、いっそう効果的という。

   もともとは「着衣泳」とよばれていたが浸透しなかった。1、2年前から「ウイテマテ」に変えたところ、知名度が一気に上がったそうだ。これを習った中学生以下の生存率は2005年には72・8%だったが、ウイテマテを教えるようになってから82%に上がったという報告(水難学会資料)もある。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中