「ランパス」徹底活用!掲載ランチすべてワンコイン―使い切れば3万円お得

印刷

   小松靖アナが赤い表紙の縦長の冊子と500円玉を並べて、「本を見せると1000円のランチがワンコインになる」という。本の表紙には「500円ランチパスポート」「日本国新宿」と書いてある。小松は「ランパス。どんなものなんでしょうか」

新宿版も登場!1000円以上のランチが500円

   先週金曜(2014年8月1日)に発売されたランパスは新宿版だが、各地にあって、シリーズの累計発行部数は90万部という。1冊1000円だ。新宿版に掲載されたのは91店舗。ランパスを見せれば、載っているメニューはすべて500円になる。店によっては1000円以上のランチを出血サービスしている。「赤字覚悟でリピーターねらい」という。

いいよ、いいよ

   1ページ(1メニュー)にクーポンみたいな欄が3つあって、1回注文するとハンコがひとつ押される。つまり1品3回までで、持参者本人のみ使用可能という仕組みだ。掲載されているランチの平均は850円というから、3回でもとがとれてしまう。あとはどんどんおトクで、完全に使い切ると3万円分にもなるとか。中年女性は「どこまで制覇できるか」なんていっていた。

   ただし、有効期限は3か月だ。きのう発行分は8月、9月、10月までで、11月には新たなランパスが出てきて、また買わないといけない。うん、これはなかなかの商売上手だ。

高知で始まって、いまや全国各地版

   スタジオもちょっと盛り上がる。

   司会の羽鳥慎一「ハンコ押したくなりますね」

   石原良純(タレント)「美味しそうでいろんなものがありますね」

   羽鳥「とんかつ定食みたいのが500円だ」

   石原「自分の会社の近くなんかいいね」

   前田典子(モデル)「ヘルシーもあれば、がっつりもあるし…」

   石原「一品だけなの?」

   小松「メニューに出ているものだけです」

   ページを拡大すると、キレイな写真のあたまに「元の値段→500円」と大きく出ている。むろん料理の説明もある。店名も地図もあって、スタンプの枠が3つ並んでいる。

   石原「(表紙裏をみせて)写真欄、署名欄もある。パスポートだから?」

   青木理(ジャーナリスト)「3人でいって3つ注文できるでしょ?」

   小松「パスポートだから、使用は1人」

   石原「『1冊につき1名のみ有効です』と書いてある」

   これ、3年前に高知県から始まって、いまや全国各地にズラーッとある。

   小松「新橋なんか売り切れてるそうです。赤坂版も今後出るそうです。青森、和歌山、兵庫、山口でも出ると」

   前田「お弁当でこんな豪華なもの食べれないからうれしい」

   みんな、もう出かけていく雰囲気だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中