2021年 8月 6日 (金)

俳優・桜金造の壮絶リハビリ生活 「こんな体になって生きていく意味があるのか」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
(C)NHK
(C)NHK

   「アゴ&キンゾー」でコメディアンとして人気を集め、俳優としても活躍していた桜金造(57)は昨年脳出血で倒れ、左半身に麻痺が残った。

   「一体俺はどうなるのか」「こんな体になって生きていく意味があるのか?」と一時は絶望の淵に立たされたが、リハビリ専門の病院に転院し懸命にリハビリに励んだ。

   リハビリの甲斐あって7ヶ月で地元の寄席のステージにも立てた。月に2回のお笑いライブ、「経験した病を多くの人に伝えたい」「同じ境遇の人たちの心を軽くしたい」と語っている。

ハートネットTV リハビリ・介護を生きる 「私のリハビリ体験記~桜金造 それでも俺はステージに立つ~」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中