林修「今でしょ!講座」特番で伝えたい「語呂合わせばかりの粗悪な日本史の授業と『本物』との違い知ってほしい」

印刷

   予備校講師の林修(48)が8月5日(2014年)のブログで特番にかける思いを語っている。

   コーディネーターを務める番組「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)の5日夜放送の2時間特番について、「まず、『本物』をご覧ください」と話す。

   「一般には暗記科目だと思われている日本史や地理が、実は明確な論理を理解し、思考する科目であることを再確認することができました。それを、皆さんにも見ていただきたい」「情報をただ羅列するだけで、くだらない語呂合わせでお茶を濁すような、粗悪な日本史の授業を受けている生徒が見れば、一体今まで受けていた授業は何だったのかということになる」と自信を見せる。

   「勉強の中心に『暗記』という作業はありません。思考し、理解することこそが勉強です。それが伝わる二時間になってほしい」と意気込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中