<あすなろ三三七拍子>(フジテレビ系)
柳葉敏郎&反町隆史 笑える男路線勝負―変形学ラン姿で「押忍!」廃部寸前の軟弱大学応援団立て直せるか

印刷

   サラリーマンの普通のオジサンが社長命令で、大学に入り直し、応援団長をやれと言われたら? しかも従わなければリストラだと言われたら? やっぱりやらざるを得ないんだろうな。まして、応援団を立て直したあかつきには会社に戻すと約束されたらね。

中堅商社の50歳サラリーマン―社長命令で応援団長!嫌なら会社クビ

   50歳の中堅商社社員・藤巻(柳葉敏郎)が命じられたのは、社長(西田敏行)の母校・世田谷商科大学の応援団長となることである。応援団は、たった1人いた部員の卒業によって廃部の危機に瀕しているのだ。昔はバンカラ学校だったらしい世田商大も、地元の砧(きぬた)女子大と合併し、いまや大学名も翌檜(あすなろ)大学となっている。女子優勢となり、応援部に入ろうなどという硬派志向の男子はいなくなってしまったのだ。

   しかたなく、藤巻は翌檜大学に入学、応援団特有のやけに襟が高くて丈の長い学ランを着て通学することとなる。なにせ、常に学ランを着用すべしというのが応援団の掟なのだ。

   こんなバカバカしい設定、今までだったら「ないない」と笑えただろう。だが最近、ヒョンなことから大学運動部や応援部OBのオジサンたちと知り合いになって、その母校愛の強さに驚いた。彼らはそれなりに人生成功組で、どちらかと言えば、このドラマの「社長」に近い。もちろん良識はあるからドラマのようなことはないが、きっと社長の気持ちはわかるだろう。

   先輩たちから指導を命じられたOBの元団長・斎藤(反町隆史)と元副団長・山下(ほんこん)がいい。やっぱり反町隆史はカッコいいなあ。しばらく姿を見なかったし、今回、主役でもないけど、しっかり体を張って演じている。一瞬、ギバちゃん(柳葉敏郎)と反町のキャスティングが逆だったら、と考えてみたけど、反町ではカッコ良すぎちゃってサラリーマンの悲哀が出ないかな。また、山下の「スポーツ選手はそれぞれの技術や能力を以て戦う。何の技術も能力もないわれわれ応援団はひたすら誠心誠意応援させてもらうしかない」という言葉にはちょっと心打たれた。

剛力彩芽の学ランもなかなか…実はフェミニストグループの「スパイ団員」

   ギバちゃんは昔「一世風靡セピア」で哀川翔らと一緒に、学ランと同じぐらい長いスーツを素肌の上に着て「ソイヤ、ソイヤ」と応援より激しい男踊りを踊っていた。その体力を見込まれてこの役に起用されたのかなあ。反町とギバちゃんの男路線の体力勝負も楽しみだ。

   まさかの女子新入部員・沙耶を演じるのは剛力彩芽。じつはフェミニストの准教授・原(森口瑤子)の指導を受けての「潜入部員」なのだが、学ラン姿がよく似合っている。

   なお、昨年末から早稲田大学応援部に初の女性リーダーが誕生し、話題になったが、実際に見たオジサンによると「凛々しくてなかなかのものだ」そうである。女子に大人気らしい。(火曜日よる9時~)

(カモノ・ハシ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中