壇蜜ついに朝ドラ「花子とアン」に出演!女性権利擁護に立ちあがる吉原の娼妓役

印刷

   タレントの壇蜜がNHK連続テレビ小説「花子とアン」に19日放送(2014年8月)から登場する。吉原遊郭の娼妓・雪乃の役で、蓮子や花子に触発されて女性の権利擁護に立ち上がる役どころだ。

   壇蜜はセクシータレントで売り出したが、素は意見をはっきりと主張する強さを持った女性で、雪乃役もそこを見込まれての起用という。「時代背景を頭に叩き込んで撮影に参加しました。私が出てもまずは驚かず、見守っていただければ幸いです」と語っている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中