前田健太「今日は広島にとってとても大事な日。普通に野球が出来てる事に感謝」

印刷

   広島東洋カープの前田健太投手(26)が8月6日(2014年)、69年目を迎えた「広島原爆投下日」に対する思いをブログで語っている。

「毎年この日を迎えて思うことは日々普通に生活を出来てる事野球が出来てる事自分の周りの人にもっと感謝しないといけないな」「今日はドラゴンズ戦の為広島ではないのですが広島に帰ったら平和記念公園に手を合わせに行こうと思います」

   「広島に来て今年で8年目」「12球団で1番遠ざかっている優勝。そろそろ優勝して広島に、そしてファンのみなさんに恩返しをしないといけない」「今日は、好きな野球ができて試合ができる、応援してくれるファンのみなさんがいるそれで十分」「今日は野球ができる幸せを噛み締めて試合する事が大事」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中