2018年 6月 19日 (火)

甲子園選手宣誓は作新学院・中村主将「当たらないからと言われて手を挙げたら…」

印刷

   あさって9日(2014年8月)に開幕する高校野球・夏の甲子園の組み合わせ抽選会がきのう行われ、開幕式で選手宣誓を行う選手も決まった。夏の選手宣誓は2001年から希望者による立候補制となっており、今年は出場49校中23校が手を挙げクジ引きが行われた。その結果、栃木代表・作新学院高校の中村主将が大役を引き当てた。

「どうしよう…」

   石井大裕アナ「(宣誓の立候補は)ダチョウ倶楽部的な感じかもしれない。ハイハイハイみたいな感じで手を上げて、実際に自分が選ばれると、あっ、選ばれちゃった、と」

   抽選会の前に監督から立候補を命じられたという中村主将は、周囲からは当たらないから大丈夫だと送り出されたという。予想に反してしてあたってしまったわけで、「どうしよう」と少々困惑気味だったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中