2020年 9月 29日 (火)

NHK朝ドラ「人気ランキング」やっぱり『あまちゃん』ダントツ!週刊文春アンケート

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「週刊文春」(2014年8月14・21日号)が、歴代のNHK連続テレビ小説でどれが面白かったかを読者人気ランキングをやっている。メルマガ会員2500通の集計だという。1961年にスタートして、現在放送中の「花子とアン」で90作目なのだが、ダントツは371票を集めた「あまちゃん」(2013年)だ。「じぇじぇじぇ」が流行語大賞をなるなど、もはや社会現象にまでなった。東日本大震災がどう描かれるのか、日本中が注目したのだ。

   2位は175票で「ゲゲゲの女房」(2010年)で、漫画家の水木しげるの妻が主人公で、貧しくても明るく生きる夫婦が好感された。3位はやはりというか、さすがというか、最高視聴率62・9%というテレビ史に残る「おしん」(1983年)だった。最近の朝ドラは明るく生きるヒロインが人気だが、艱難辛苦、極貧をこれでもかと描き、日本中に涙を流させ、ついには海外でも大ヒットという「お化けドラマ」だ。

   以下は、「ちゅらさん」(2001年)、「ごちそうさん」(2013年)、「花子とアン」(2014年)、「カーネーション」(2011年)、「ちりとてちん」(2007年)、「梅ちゃん先生」(2012年)、朝ドラを広く認知させた「おはなはん」(1966年)と、ここまでがベスト10である。

視聴率より好感度

   最近のドラマが多いのは印象が新鮮だからだが、平均視聴率で見ると、「おしん」(52・6%)、「おはなはん」(45・8%)は時代が違うとして、ベスト10の中で最も高いのは5位の「ごちそうさん」の22・3%で、ダントツ1位の「あまちゃん」は20・6%とようやく20%の大台をクリア、2位の「ゲゲゲの女房」は18・6%と20%に届かなかった。朝ドラ人気は「数字よりも好感度」ということだ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 文春の「三浦春馬と佐藤健との葛藤12年」によると、大ヒット映画『るろうに剣心』のエンドロールに健の名前が流れた瞬間、客席の春馬が突然立ち上がった。口惜しさをいっぱいに滲ませた表情は、暗い室内でも隠し切れなかった
  2. 竹内結子さん急死に「産後うつ」経験女性たちから「ひとりで悩まないで」コール!「自分のことのようにショック」「周囲がサインに気づいてあげて」「私はこう乗り越えた!」
  3. <日曜劇場 半沢直樹/最終話>(TBS系9月27日日曜放送)
    頭取に裏切られながらも立ち直った半沢は、紀本常務の潜伏先で不正を暴く決定的証拠をつかむ。帝国航空再建の記者会見に殴り込み、箕部に「心の底から詫びてください」と迫るが...
  4. 「キングオブコント」ジャルジャルが悲願の王者に!「おめでとう!」コールの一方、「ものすごく低調な大会」「審査員変えるべき」「三村と松本ひどすぎ、飯塚を入れて」と怒りの声
  5. スポーツマンは清く正しく美しく、爽やかであってほしい。不倫をやらかした競泳・瀬戸大也の妻優佳は、自身も飛び込み選手だったが「大也の金メダルへの挑戦をサポートするのが私にとっての五輪出場」と考えて引退したのに...
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中