東京都議会も政務活動費デタラメ!1日に新年会10回、タクシー年に840回

印刷

   東京都議会の政務活動費は議員1人に毎月60万円まで支給されるのだが、領収証を調べると、怪しげな問題がゴロゴロ出てきた。政務活動費としては全国最高額だ。

   1日で10か所の新年会をかけもちしたことになっているケースもある。年間840回もタクシーを使ったとしている議員は、ワンメーター710円がほとんどで、通勤に使っていた。2100円の弁当を公費で食べ、「意見交換のため」に使った駐車場代の時間が2分間というのもあった。

   野々村竜太郎議員(当時)の大泣きで世界に恥をさらした兵庫県議会はおととい6日(2014年8月)、過去3年間の政務活動費を調査することを決めた。地方議会の経費支出に批判と疑問が強まっている。

お小遣い的感覚…毎日の食事も公費

   公開された都議会政務活動費をチェックすると、まず目立つのは新年会費だ。1回5000円から1万円が「意見交換」を名目に支給されるが、1月12日に10回、計6万5000円を使った自民党議員はすべて地元消防団の新年会だった。「1か所20分、分団ごとに意見交換しました」と答えて、「できるんですねえ」と阿部悦子リポーターもあきれ顔だ。。

ためらいがない

   全国市民オンブズマンの清水勉弁護士は「不可能ですよ。顔を出して選挙に結びつけるためです」という。

   毎回710円也のタクシー代。自宅からほぼ毎日都庁へタクシーで出勤し、それも政務活動費で処理していた。この議員(公明党)の妻は「足を骨折したもので、選挙もあるし、動かないわけにもいきませんし」と弁明している。サラリーマンなら自費で払うのではないのかねえ。

   自民党では6月に頻繁に開いた総会の弁当代が210万円も計上されていた。1個1500円を超すものばかり。2100円の高級弁当を39個食べた日もあった。「350円の弁当を食べたらどう?」と新橋のサラリーマン。そもそもいつもの食事をなぜ公費で払わなければならないのか。「彼らは自分のお小遣い的感覚です。チェックされるものだという気はしていない」と清水弁護士は怒る。

駐車場でたった2分の意見交換!

   笑えるのは、「保育について意見交換」で使われたという駐車場代300円。16時52分~17時00分の8分間車を止めたのだが、これで意見を交わせたのか。

   司会の小倉智昭「車の中でシャシャッとやったのかな。手際のいい人です」

   目的を黒塗りされていた領収証では、2分間200円という政務活動費の駐車場代もあった。「もうかりまっか」「はい、もうかります…ですかね」とスタジオの誰かがつぶやいて笑いがもれた。

   ニュースデスクの笠井伸輔「(こういう請求をして議員は)ためらいがないのですかねえ」

   ショーン・マクアドール川上(経営コンサルタント)「(議員には)ほかに給料もあって、副業もできる。納得できる支出ならいいけれど、根本的に何かなあ…」

   いつまでこんな乱脈なやり方がまかり通るのか。特権でごまかしまくる議員って何様だろう。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中