2018年 7月 21日 (土)

タイ「代理出産乳幼児」すでに複数が日本入国?『父親』の日本男性インドでも…

印刷

   タイ・バンコクでマンションに警察が踏み込むと、そこには乳幼児9人と女性たちがいた。赤ちゃん全員が代理出産で父親は日本人だという。「彼は財産があり、相続のために必要だった」と代理人のタイ人弁護士は話すが、地元メディアは人身売買の可能性を指摘している。

代理母に1人220万円支払い

   赤ちゃんは男6人女3人。家具もほとんどない3部屋にいて、全員に「ベビーシッター」と称する女性が1人ずつついていた。うち1人は日本人(27)で「自分が1人の母親」と話しているという。他の赤ちゃんは母親が誰かわからない。

1人じゃやれない

   子どもの泣き声から住民が警察に通報し捜査が入った。部屋はどれも日本人男性が所有している。地元メディアによると、この人物は24歳で、2年間に65回、日本とタイを行き来し、タイでは高級ホテルに泊まる。捜査の前日にタイを出て今はマカオにいるそうだ。

   タイの弁護士はすべて代理出産と認め、「代理母に約220万円を支払った。妻との間に子がおらず、跡継ぎが必要だった。彼はいずれタイで暮らすつもりで、違法なことはしていない」と強調する。タイ保健省は「9人もいるのは不自然」としている。

人身売買か、代理出産仲介業者か

   森本さやかリポーターによると、地元メディアでは12人産ませたとも報じられていて、すでに複数の赤ちゃんが日本に入国したとの情報もある。この人物はパスポートを何冊も持っていて、インドで代理出産の子をつくったとの情報もあるという。

   司会の小倉智昭「すべて自分の考えでやるとは考えられないですよね」

   笠井伸輔デスク「人身売買のためなのか、自らが代理出産の仲介業者で父親の役もやっている可能性もあります」

   日本ではほとんど認められない代理出産が、タイなら300万円から600万円でできるといわれる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中