2018年 7月 18日 (水)

フッ素樹脂加工フライパン すぐ焦げ付いちゃう!プロが教える長持ちスゴ技

印刷

   台風11号の影響で「全国高校野球大会」の開会式がきょう11日(2014年8月)9時からと順延となり、「あさイチ」もそれまでの特別編成で放送された。今年1月28日の「スゴ技Q フライパンでおいしい生活」のダイジェスト再放送だったが、そのなかの「フッ素樹脂加工のフライパンを長持ちさせる方法」を紹介しよう。

「空だき」「冷水洗い」絶対禁止!

   街で聞くと、7割の人がフッ素樹脂加工のフライパンでも「一年以内に、早ければ2~3か月で焦げ付き始める」と言う。どこに問題があるのか。使い方と洗い方の両方に原因があった。調理器具専門店の飯田結太専務はこんなアドバイスをする。

「間違った使い方の一つが『空だき』です。フッ素加工フライパンの耐熱温度は260度です。空だきすると1分ほどでもっと高くなって、樹脂が壊れてしまうんです。油をひいて中火で30秒から1分温めてから調理にかかって下さい」

   さて、調理が終わって、熱いフライパンをそのまま水洗いというのも傷める原因だ。急激に冷やすとフッ素加工が大きく縮んで、繰り返すうちに剥がれてしまう。「冷水掛けではなく、お湯をひたしてフライパンの余熱が取れてから洗ってください」(飯田氏)

   これらを守れば、2~3年は焦げ付きなしで使えるという。

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中