小川菜摘「色々な雑音が流れています。どれもこれも私にとって心地よいものではなく、とても悲しい」

印刷

   ダウンタウン・浜田雅功(51)の妻でタレントの小川菜摘(51)が8月10日(2014年)、自身に関する報道やうわさについて語った。

   「色々な雑音が流れています。どれもこれも私にとって心地よいものではなく、とても悲しいです」「私の本質をわかってくれている方達はたくさん居る」「これからも、私は私らしくありたい」と記した。

   7日発売の「女性セブン」(8月21日・28日合併号)に新宿2丁目のゲイバーで毎年行われる小川主催「恐怖の女芸人会」は「出席する女芸人たちにとっては一瞬の油断も許されない厳しい会」「(女芸人は)いかに目立って、小川さんたちに気に入られるかがポイント」「空気を読まずに出しゃばりすぎると、翌年から呼ばれなくなったりする」などと報じられていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中