サッカー日本代表アギーレ監督「私の哲学はよく走りいいプレーをし勝つこと」

印刷

   サッカー日本代表のハビエル・アギーレ新監督(55)が来日した。「すべての選手が代表入りの候補」「このプロジェクトの目的は2018年のロシアワールドカップに出場すること」と言い切った。毀誉褒貶にぎやかなのだが、果たして日本サッカーにふさわしいのかどうか、全く未知数だ。9月5日(2014年)のウルグアイ戦が初采配となる。

代表選手の選考基準「母国を愛し母国に責任を果たす人」

   「選手にモチベーションを植えつける天才です」とスポーツ担当の石井大裕アナは言う。代表選考の考え方について、アギーレは競争重視を掲げた。「ドアは開かれている。選手を十分に観察するのが私のプロセスだ」と説明した。競争力のあるチームを作るために、代表入りに意欲的な選手、母国を愛する選手、母国に責任を果たす選手を選考基準にするという。

シンプルな考え
「どんな状態にあっても、相手がどんなチームであっても全力で戦うチームにしていきたい」

   さらに「哲学は簡単だ」として、よく走り、いいプレーをし、そして勝つことをあげた。司会の夏目三久は「シンプルですね」

   石井「強面だけど、しゃべると笑顔になります」

日韓W杯では福井で合宿「頑固おやじという感じ」「陽気な人でニコニコ」

   実は、アギーレは福井県坂井市(旧三国町)に縁がある。02年の日韓ワールドカップのときにメキシコチームの監督として1か月余り滞在したのだ。地元の人たちは「非常にフレンドリーでした」「言葉の一つ一つに重みがあった」「頑固おやじという感じでした」「陽気な人でニコニコ対応してくれたけど、練習中は一変して結構厳しくしていました」と懐かしそうに話す。

   泊まっていたホテルの支配人は「初戦勝利の後は結構笑いが出ていましたね。監督が雰囲気を壊すことはなかったですよ」と、常に選手ことを考えている印象だったという。

   選手一緒に食事をした旅館ではすき焼きとツナのすしを食べた。女性マネージャーは「笑い声とよい雰囲気だったのを覚えています」

   頼むぞ、新監督。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中