2020年 7月 7日 (火)

「LINEいじめ」3つの要因!「既読」「言葉勘違い」「裏グループ」なぜ日本だけ?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

学校でも友人でも不安だらけ…強い「繋がり願望」

   安川理事長は「文字は残る。『死ね』『死んでしまえ』と言われたら、本当に自分は生きちゃいけない存在だと思い込む。ネットは怖いですよ。子どもたちにとっては言葉で言われるより嫌いという人が多い」という。

   3つの原因を見ると、二つは相手の事情が飲み込めなかったり、言葉上の誤解だったり些細なことだが、三つ目はLINEをいじめの道具に使っているから怖い。

   司会の加藤浩次「いじめはずっと続いていますよね、憎しみだとか学校がうるさいとか。LINEに変わっているだけで、根本は何も変わっていないんでしょうね」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)はこう指摘する。「LINEはヨーロッパやアメリカで凄くヒットしています。でも、いじめの話は聞かないですね。問題はLINEのアプリじゃないんです。根本的には、日本の子どもは繋がり過ぎ。常に繋がっていないと不安になるという点なんでしょう」

   キャスターのテリー伊藤「どれだけ鈍感になれるかだね。他に夢中になることがあるという方にいかないと…」

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中