相葉雅紀「動物お悩み解決」猛暑でサイが動いてくれない!飼育員の相談で出かけたのは雨の日で…

印刷

   <天才!志村どうぶつ園(日本テレビ系8月9日よる7時)>相葉雅紀が動物園などの展示動物の悩みごとを解決する「マサキドットコム」のコーナーのスペシャルゲストは、フィギュアスケートの村上佳菜子選手だった。2人が向かったのは愛知県・豊橋総合動植物公園だった。

   「連日の猛暑で動かないサイを何とかして」というシロサイの飼育員からのSOSにこたえるためだ。ところが、その日は「ちょっと雨降って涼しいですよね」(村上)というあいにく(?)の日で、サイの檻に急行すると、動かないはずのサイが楽しそうに歩いている。短い尻尾をぶんぶん振り回し元気はつらつだ。飼育員も思わず「雨で喜んで動き回ってしまっているんです」と言い訳をする。

   相葉ちゃんがほかに悩み事はないのかと聞くが、飼育員は「ありません。すみません」。恐縮しきりの飼育員に「いやいや、(動き回ってるのは)悪いことじゃないですから」とフォローするが、思わぬハプニングに困り果てている。

チンパンジーにすっかりナメられ、股間ぶらぶらダンス

   ではということで、急遽、雨の日に動物園の動物たちはどうしているのかをリポートすることになった。まずチンパンジーの檻に行くと1匹が相葉ちゃんに興奮。やおら助走までつけて小石を投げてくるではないか。檻には網があるのだが、「これ(網)より細かいのはだめだよ」という相葉ちゃんをからかうかのように、小さい石を探しては投げる。

   さらには珍妙な腰振りダンスを見せる。股間のブラブラが一緒に揺れる。

   相葉「どうしたの、あれ。絶対バカにしてるよね、俺らのこと」

   それでもすっかりこのダンスが気に入った2人は、「雨の日のチンパンジーは」と言いながら、お尻フリフリして、息もピッタリ踊って見せたのだった。

   ところで、2人で考え出した暑い日でもサイを歩かせるシステムは「雨雲くん」。巨大なヘリウム風船に散水ノズルを付けて上からシャワーを浴びせようというわけだ。やってみると大成功!サイは大喜びで、歩くどころか走り回ったのだった。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中