「キンタロー。&山本匠晃アナ」社交ダンスA級挑戦!お笑いなしの真剣勝負買えるが…『ウリナリ』丸パクリじゃ芸なさすぎ
<中居正広の金曜日のスマたちへ>(TBS系)

印刷

   この日の放送は「金スマ社交ダンス!」。AKB48前田敦子のモノマネで人気者になったキンタロー。とTBSアナウンサー山本匠晃アナが社交ダンス大会に挑戦する不定期企画だ。
   3等身(!?)とは言わないが、なかなかのマンガ体型のキンタロー。が短い手足でキレッキレに踊るのが彼女の持ち芸で笑えるところだが、この社交ダンス企画は笑いは一切なしの真剣勝負である。学生時代に競技ダンス部に所属し、社交ダンスの講師をしていたキンタロー。はともかく、山本アナは1年前に始めたばかりの超初心者だ。そのペアがこの日、A級に昇格するか否かというのが見どころだった。
   結果は見事にA級に昇格となった。社交ダンスを初めて1年3か月、約500時間の練習を積んだという山本アナの頑張りには頭が下がる。それだけの時間をアナウンサー修業に使えば、先輩の安住アナにも負けない人気アナウンサーになれるのになんて思ったりして。
   この「金スマ社交ダンス!」を見て思い出すのは、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ系)の「ウリナリ芸能人社交ダンス部」だ。南原清隆&杉本彩ペア、内村光良&ビビアン・スーペア、天野ひろゆき&千秋ペアなどなど、数年間にわたりかなり大がかりにやっていたように記憶する。こういうチャレンジ企画が好きな視聴者は多いとはいえ、他局でさんざんやり倒した企画を今またやるのは芸がない気もする。(放送2014年8月8日21時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中