まんだらけ「万引き犯顔映像」公開中止!犯人の身内女性から連絡あった…

印刷

   万引き犯にホームページで「返さないと顔を公開する」と警告していたフィギュアや漫画本の中古品販売チェーン「まんだらけ」は、タイムリミットの13日午前零時(2014年8月)、写真の公開を中止した。警視庁・中野署の要請を受けてのことだが、犯人は捕まるのか。

警視庁中野署「公開は捜査の妨げになる」と要請

   公開をめぐっては、「気持ちはわかる」と肯定するもの、「やりすぎ」「法的には恐喝になる」と反対するものなど、ネットの内外で論議になっていた。警視庁の中止申し入れは「捜査の妨げになる」という理由だった。まんだらけは「顔写真の全面公開を中止させていただきます」というメッセージとともに、犯人の身内の女性から連絡があったなどの経過も載せた。

しっかり捜査して!

   盗まれたのは「鉄人28号」のブリキのオモチャで、25万円の値段がついていた。防犯カメラに残っていた画像にモザイクをかけたうえで、「1週間以内に返さなければモザイクをはずす」と警告していた。

   万引きに悩む書店や商店からは「よくやった」と支持もあったが、法治国家では捜索・逮捕は警察の仕事で、私的な救済は禁止されている。法律的にも「脅迫」か「恐喝未遂(公表されれば既遂)」になり、公開した場合は名誉毀損にもなると批判も出ていた。「まんだらけ」は犯人摘発は警察に委ねることにしたわけだ。

騒動から1週間以上!まだ検挙されない不思議

   司会の羽鳥慎一「警察がしっかりやってくれていれば、もともとこんなことにはならなかった」

   萩谷順(法政大学法学部教授)「被害者ががまんをして収まったわけですが、警察は『捜査のさまたげ』というなら直ちに検挙してもらいたいし、犯人も警察に出頭すべきですよ」

   宇治原史規(タレント)「気持ち的にはわかりますし、許しちゃいけないことですが、(公開は)法的にはまずいことなんですね。私的な刑罰になりますから」

   立花胡桃(作家)「25万円もするんですね。びっくりしました」

   羽鳥が手で大きさを示して、「これくらいのものですけどね」

   小松靖アナ「お店の側も泣き寝入りしかねない状況を、われわれも理解する必要があると感じました」

   万引きから1週間以上、モザイクのない顔映像を提供された警視庁は何をしていたのだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中