ロビン・ウィリアム自殺「首つりとリストカット」スカパー!追悼放送

印刷

   11日(2014年8月)に自殺した米国の人気俳優ロビン・ウィリアム(63)について、カリフォルニア州警察はベルトで首をつたことによる死亡と発表した。自宅寝室のドアの枠とドアの間にベルトをはさみ固定していた。近くにはポケットナイフもあり、手首を切った跡もあった。ウイリアムズは重いうつ病を患っていた。警察は薬物やアルコールの影響はなかったか捜査中だ。

   「スカパー!」は17日からウイリアムズの「追悼番組」を放送することを決めた。スケジュールは17日は「いまを生きる」の字幕版、24日は「いまを生きる」の吹替版、「レナードの朝」、「クレージーワン ぶっ飛び広告代理店」、25日に「アンドリューNDR114」。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中