柴犬「こゆき」健気!酔っ払い運転に殺されたご主人…遺影の前で待ち続けて3年半

印刷

   酔っ払い運転に命を奪われた高校生のご主人を、3年半も待ちつづける柴犬がいる。毎夜、遺影を飾った仏壇の前にじっと座り続ける。飲酒運転根絶のCMにも登場して訴えるのは帰らぬ人への思いだ。スタジオ中がウルッときてしまった。

テレビのキャンペーンCM「STOP!!飲酒運転」で撲滅訴え

   犬の名前は「こゆき」。いま「STOP!!飲酒運転」の30秒CMに出演中だ。「こゆきからのメッセージです」と司会の夏目三久が紹介したのは、さびしそうなこゆきがご主人の姿を求めて、思い出の野原や池のほとりを探しまわる映像だった。

メッセージです
「思い出の場所を探しても見つかりません」
「大切な人が突然いなくなるということ。あなたは想像できますか」

   画面の文字と犬の静かな表情が呼びかける。

   16歳だった山本寛大さんは2011年2月、酔ったドライバーの車にはねられた。葬儀の翌日から、こゆきは遺影が飾られた仏壇の前を離れなくなった。夜はほとんどをここで過ごす。8年前にこの家にやって来てから、買い物でも夜のベッドでもいつも寛大さんと一緒だった。

   寛大さんの母・美也子さん(45)は「座布団が好きなのかと思い、座布団を移しても仏壇の前を離れません。お守りをしているみたいです」と話す。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中