大阪・山本府議「中学生とのLINEはいじめ調査のため」エエッ、これも政務活動!?

印刷

   中学生をLINEで脅したとして大阪維新の会から除団処分を受けた山本景・大阪府議はきのう14日(2014年8月)記者会見を行いこう弁明した。「私の地元、交野市におきまして、LINEを使ったイジメ等の問題が起きているということを、地元選出の松本市議はじめ市会議員の方など複数名の方からお伺いしておりました。これに関して、実際どういったものかというのを、実際に問題になっている中学生等に話を伺えたらなというふうに思いまして、それが中学生とLINEを始めたそもそものキッカケでございます」

   中学生とのLINEライン交流はいじめを調べるための政務活動だったというのだ。

「乱暴な言葉がネットに溢れているのがわかった」あんたがいちばん乱暴だって!

   森本さやかリポーター「当然、記者団から『イジメの実態は見えたのか』という質問が出ましたが、『乱暴な言葉がネットには溢れているのが分かりました』と答えるだけでした」

自転車立ちこぎ

   「とくダネ!」はこの問題が発覚した直後に山本府議を直撃したが、この時は自転車で全速力で遁走した。このことについても、「正確には逃げたわけではないんです。先週の土曜日ですけれども、当時は維新の会の府議団のメンバーでございました。取材を受けたのは、私が街頭活動中のところでございまして、とくに取材の申し込み等一切なく、会うなりテレビカメラを回すといった状態で、私が所属している議員団から一切の許可も得ていない状態でした。そういった事情がありまして、取材をいったんはお断りをさせてもらいましたが、残念ながら受け入れてもらえず、いったん立ち去らせてもらったんです」と釈明した。

「とくダネ!」の直撃取材に大慌てで遁走「逃げたのではありません。移動しただけ」

   司会の小倉智昭は苦笑する。「自転車の立ちこぎでフルスピードで現場から消えようとする姿は、馬に飛び乗り脱兎の如く逃げ出す姿に見えてたけどねえ。それとも、早馬を飛ばし別の目的地をめざしていたというのだろうか」

   コメンテーターのショーン川上(経営コンサルタント)「新人議員に対する議会での研修や教育はどうなっているのでしょうね。議員としての行動規範や倫理観をきちんと教えているのかな」

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「罵詈雑言の調査のためとしているが、その罵詈雑言に乗ってしまった。何のための調査だったか。中学の校長に電話するとは半ば脅したようだが、言いつけ体質の人物かと考えてしまう」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中