2018年 7月 17日 (火)

岸谷香、生放送直前にやっちゃったあ 「ギックリ腰のオバサンロッカー!一生忘れないFNSになったわぁ」

印刷

   シンガーソングライターの岸谷香(47)が8月15日(2014年)、13日放送の「FNSうたの夏まつり」(フジテレビ系)の生放送直前にギックリ腰になっていたとブログで明かした。

   14日のブログに「(番組で)大変なハプニングがあった」と記していたため、「エアギターだったのでは」「ドラムを(夫の)岸谷五郎が叩いていたのでは」とさまざまな憶測がネット上に飛び交っていた。

   岸谷がギックリ腰になったのは本番直前の「ランスルー」(本番直前の通しリハーサル)の時。2曲目のハッピーマンの演奏が始まる前「腰がにわかに、痛くて」という状態で、演奏終わりに「ジャンって、大きくシメた」時、ついに「ピキっていって」しまったと振り返る。「座る、寝る、立ち上がる、、、なにをするににも、ピキってなって、なんか、もう笑っちゃう感じ」だったと明かす。

   「知り合いのドクター」に連絡を取ると「ギックリ腰じゃない?」と診断され、すぐにロキソニンを服用したとか。

   番組に出演していた「某アーティスト」の「知り合いのトレーナー」に大急ぎで頼み込み、「マッサージしたり、アイシングしたり、テーピングしたり」処置してもらったという。

   「湿布とテーピングの上からコルセットを。その上から衣装を」という格好で本番を無事終えた岸谷は「若ーい子達とコラボする、ギックリ腰のオバサンロッカー!コルセットで登場」と冗談を交えながらも「やっぱり年には勝てないわね」「一生忘れないFNSになったわぁ」としみじみ語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中