2019年 12月 6日 (金)

<思い出のマーニー>
夏の釧路で出会った「一番のともだち」突然、姿消したのなぜ?大人派ジブリにはちょっと物足りない少女物語

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   絵本から飛び出してきたような金髪碧眼の女の子と、ひと夏の交流を通して少し素直になる主人公―。美しい湿原を背景に語られる物語は、全体を通してすごく品が良い。ここまで「女の子」にターゲットを絞ったジブリ作品は、「魔女の宅急便」以来だ。夏休み公開にふさわしいさわやかさが香る。でも、「風立ちぬ」のような大人ジブリを期待して観ると、なんとも言えない物足りなさが残る。

自分も学校もお母さんもみんな嫌い

(C) 2014 GNDHDDTK
(C) 2014 GNDHDDTK

   主人公の杏奈は気持ちを表に出すのが苦手な性格で、持病のぜんそくのせいもあり、学校では少し浮いた存在だ。冴えない自分を嫌うのと同じくらい、格好悪いクラスメートや育ての親を嫌っている。そんな様子を心配した養母は、夏休みの間、杏奈を札幌市の自宅から釧路の知人宅へ療養に出すことを決める。「やっかいばらいされた」と感じ、ますます殻に閉じこもる杏奈だったが、夜の湿原で出会った少女との時間を過ごすうちに、自分の弱さ、そして強さへ向き合うこととなる。

   誰も住んでいないお屋敷から飛び出してきた少女の名は「マーニー」。一見、満ち足りたように見えるマーニーの生活を知るにつれ、杏奈は強いシンパシーを感じ、「一番のともだち」を自称するようになる。ところが、ある日を境にマーニーは姿を消す。マーニーはどこの誰だったのか…。正体が明かされたところで本編は大団円を迎える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中