<充電させてもらえませんか?~ちょいと電動スクーターでガチ40キロ刻み旅>(テレビ東京系)
出川哲朗「電動スクーター」充電頼みまくりで目指せ日本海!「電気入れさせてくださ~い」

印刷

   8月限定のこの番組は、出川哲朗と番組ディレクターが横浜の実家から日本海まで、距離にして約330キロを電動スクーターで旅するという企画だ。電動スクーターなので、充電が切れる度に、近くの民家や施設にお願いして充電させてもらわないといけない。フル充電で電気代18円、タイトルにある約40キロを走ることができるようだ。

電池が切れた!街は遠い…さあ、どうする!

   まったく知らない家に押しかけて、いきなり「電気ください」と妙な頼みごとをするわけだが、出川の知名度と人柄の良さのお陰でぶしつけな感じがなく、適度に波乱のある、見ていて心地よいふれあい旅に仕上がっている。充電のお礼が出川の実家が作っている海苔というのもいい。

   第2回放送は山梨県の大月を過ぎたところからスタートだった。勝沼でぶどう狩り、石和温泉では温泉、甲府で馬刺しを食すなど旅を満喫しながら走る。しかし、甲斐市付近の国道20号線を走っていると、出川が急に「オレ、きょう、仕事で東京に帰んなきゃなんないんですよ」と言い出した。

   お約束のハプニングとはいえ、ここはいったん中断して、最寄の中央本線・長坂駅から電車で帰り、続きはまた後日に同地点からということになった。ところが、まだ駅までは距離があるというのに、電池が残量がゼロになってしまう。さあ、どうする。そこにたまたますぐ近くの家の人が通りかかる。幸いにも充電させてもらったうえに、再スタートの時までスクーターを預かってくれるという。良い人だなあ。こういうふれあいも、出川がやるので嫌味にならなくて良いと思う。あと2回で終わってしまうが、はたして日本海にたどり着けるのか。(8月11日深夜11時58分)

鯖世 傘晴

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中