2018年 9月 20日 (木)

ロビン・ウイリアム追悼ツイート…ビリー・クリスタル、ベン・アフレックらハリウッドセレブ

印刷

   8月11日(2014年)、カリフォルニアの自宅で自殺した俳優ロビン・ウイリアムス(63)は、パーキンソン病治療のための投薬がうつ病をさらに悪化させ、レギュラー番組の打ち切りで落ち込んでいたと伝えられている。

   ツイッターには「言葉がない」(ビリー・クリスタル)、「ロビンのハートと魂の偉大さは、ツイートではとても表現できるようなものではない」(ベン・スティラー)、「胸が張り裂けそうだ。その友情、世界にもたらしてくれたもの全て、ありがとうよ、兄弟。ロビンは愛でいっぱいの人間で、多くの人に個人的にたくさんのものを与えた。彼は僕とマット(デイモン)の夢もかなえてくれた。感謝しても感謝し尽くせない。どうか天国で静かに眠ってほしい」(ベン・アフレック)とハリウッドの俳優たちのものも目立つ。

ウイリアムの娘に悪質な嫌がらせ

   しかし、悪質なものもある。ウイリアムスの娘ゼルダ(25)にウイリアムスの死体を模した写真を送りつけた荒らしユーザーが登場し、ゼルダはツイッターとInstagramから撤退を宣言した。この事態に、ツイッター側も「このようなツイッターの悪用をわれわれは決して許さない。いくつかのアカウントを停止させ、さらなる措置を行う」というコメントを出し、荒らし対策に本格的に乗り出した。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中