2020年 5月 31日 (日)

シリアの湯川遥菜さん 4月にも拘束!現地取材中のジャーナリストが交渉し解放

印刷

   シリアの反政府武装組織「イスラム国」に拘束された千葉市在住の湯川遥菜さん(42)は、民間軍事会社代表と称していて、シリア入国は今年2回目だった。4月に入国したときに、湯川さんが撮影した映像が動画サイト「ユーチューブ」に投稿されていた。車の助手席で「シリアでは空爆が続いています。現在、私のガードが用事で車から降りています。この間に、敵から攻撃された時のために、護身用としてこの銃を持っています」と自動小銃を見せたりしていた。

拘束の武装勢力と敵対「自由シリア軍」では同志扱い

   この映像の後、湯川さんは「イスラム国」と敵対している反政府武装組織「自由シリア軍」に拘束される。この時、シリアで取材をしていたフリージャーナリストの後藤健二氏が湯川さんと会った。後藤氏は「現地の自由シリア軍指揮官は、湯川さんが何のために何をしにシリアへ来たのかをとても知りたがっていました」と話す。後藤氏が自由シリア軍指揮官を説得して湯川さんは解放されたが、帰国せず現地に留まり、自由シリア軍と交流を深め同志として受け入れられたという。

難しい外交

   後藤「この時、ビジネスではなく、自分が受け入れられるという喜びを感じたのかもしれません。彼にはアブ・ムジャハッドというニックネームがつけられました」

文   ナオジン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中