広島「同時多発土石流」現場!「いまだ被害の全体像が見えません」(井上貴博アナ)

印刷

   広島市の土砂災害現場に井上貴博アナがいた。発生から1日以上がたつが、「現段階でも(被害の)全体像が見えてきません」と伝える。

   山肌を切り裂くように土石流の跡が残り、いまだに流れ出た水が住宅街の中をはする。おびただしい数の流木、いたるところで車が泥に埋まり、バイクほどの岩が転がっている。

警察・消防・自衛隊2000人―重機使えず手作業で救出

   住民は「雨も雷もすごく、きのうは午前2時ごろから眠れなかった」「避難勧告が遅すぎた。朝に出されてもどうしようもない」と話し、「こんなことになるとは」と声を詰まらす年配女性もいた。

どこでも起こります

   警察、消防、自衛隊は2000人態勢で夜通し救出作業を続けたが、現場に重機を入れられないので専ら人海戦術だ。

   井上アナ「山のどこから崩れたかもわからない状態です。自衛隊の人もどこまで行けるかわからないと言っていました。街は今でも流木のこすれた臭いがします」

   取材キャスターの奥平邦彦はヘリで上空700メートルから「家と家の間にも土砂が入り込んでいます」「全半壊した家がそこかしこに流れ着いています」と伝える。上空映像で見える町は一面が茶色い泥水につかった状態だ。

   きょう21日(2014年8月)午前7時ごろからの打ち合わせで、重機を2か所で投入できる可能性が出てきた。指揮所近くの井上アナは「重機が動き出しました。空に太陽が顔を見せ、泥水が乾き始めて砂になり砂煙が舞います」と報告する。

   井上が現場に来て感じたことを3つあげた。山を切り開く住宅造成のあり方、未明で外が暗い中での雨と雷に人がどんな行動をとれるか、ここでは災害が起きないだろうという住民の認識。「他人ごとではないと強く思いました。そのことと一人一人が向き合って咀嚼しないと…」

被害大きくした「大雨」「地質」「夜中」

   スタジオで司会の夏目三久「大雨、地質、夜中(の発生)というのは全国的に言えることです。山間部だけで起こるのではありませんね。他の地域でも似た災害に警戒がいります」

   防災ジャーナリストの渡辺実さんは「そういう場所に人が住んでいる現実に異常気象が重なります。危険個所は都市部にも潜んでいます。住民は行政の指示を待つのではなく、危険に対してある意味、覚悟が必要です」と警戒と早めの行動を強調していた。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中