「広島土砂災害」死者・不明90人!過去最大級―激しい雨予報で捜索・救助中断

印刷

   広島市の土石流被害は死者・不明90人と過去最大級となった。現地は昨夜21日(2014年8月)から雨が降ったりやんだりしていて、2次被害が予想されるため捜索・救出活動が一時中断されたりしている。この週末には九州から北日本にかけて局地的に非常に激しい雨が予想され、被害地域で再び土石流が発生する心配が出てきた。

迫る72時間のタイムリミット!きょうあすがヤマ場

   広島市安佐南区の現場には奥平邦彦・取材キャスターがいた。「粘着質の泥がぬるぬるして大型重機が入っていけません。地盤が緩んでいるので、安全を確認しながらの作業が続きます」

見通し立たない

   救出はどうしても手作業が中心になる。2次災害もこわい。地面には水が流れ続けている。きのうやっと水が引いた場所にもまた水がたまった。片づけに追われる男性は「人間がやる限界を超えている」「途方もない状態」と話す。家にとどまるか避難所に行くか決めかねている人が多い。

   スタジオの井上貴博アナ「先が見通せないですね」

   災害に詳しい静岡大学の牛山素行教授は「人命が救えるのは発生から3日以内といわれます。きょうあすが一つのヤマになります」

   天気は依然として不安定だ。「現場上空は雨雲におおわれています」と奥平キャスターが伝える。広島市はきょうから雨と雨模様の曇り空がつづく予報だ。その雨雲は九州北部にも広がっている。

九州北部に避難勧告10万人

   司会の夏目三久「心配なのが福岡県です」

   筑紫野市と太宰府市、那珂川町には午前4時半、記録的短時間大雨情報が出た。1時間に110ミリと、土砂災害直前の広島市と同じような雨が降った。筑紫野市は10万2333人に避難勧告を出した。気象予報士の尾崎朋美は「前線があすにかけてゆっくりと東へ動き、そこに湿った空気が入ってきます」という。九州北部と北海道、北日本で150ミリ、東北地方で100ミリの雨が予想されている。なかでも九州北部は1時間に80ミリという猛烈な雨が心配される。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中